一般に高給取りだとされている看護師ですがその給料は

一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。そして、気になる退職金は、国立や公立の医療機関の場合は、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、沿うした規定に沿って支払われます。ところが、個人病院の方では、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、最終的に、院長先生がどう考えているか、といったところに収束するのかも知れません。公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他は沿うとは限らないということが言えます。
産業看護師とは、従業員が健康に仕事に従事できるように保健の指導やメンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、ハローワーク等でみつけるのはほとんど不可能です。興味のある方はNURSE専用の転職ホームページがありますので、それをご利用下さい。転職ホームページなら産業ナースの求人も掲載されることが多いです。入院設備のある病院にナースとして勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、育児との両立を目さすナースにとってすごくの悩みどころとなっている場合が多いです。ある程度の年齢までなら数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、小学徒以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。
沿ういう所以でやむを得ずパートで勤務をつづけるという看護師の方もすごくの割合で存在しています。看護師を志したのは職業体験というものが中学の時にあって介護施設を訪問し、そこでのNURSEさんのはたらきぶりを見て衝撃をうけたからです。
将来、仕事を選ぶとき、こういった職業で働いていきたいと感じたのが初まりでそこから看護学校へ進み、ナースになることが出来ました。
確かにつらいこともあります。
しかし、それなりに充実していると思います。
一般的に見て、看護師の給料というものは良いですが、実をいうとどちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、稼ぎが多くなるという現実があります。
ですから看護師としてより多く稼ぎたければ、勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、シフト勤務がある勤務先を選択して下さい。シフト勤務で勤務できるかどうかですごく手取りが左右されます。シフトを組んだ交代制勤務などで看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。入院中の患者さんについての状態を全て理解して、その情報を責任もって交代するNURSEに伝える必要があります。それほど重要でない情報も少なくないですが、患者の生死に関わる重要な情報については安易な気もちで申し送りできないものです。注射や採血は看護師がおこなう仕事の代表的なものです。
一般的に、注射が好きな人は少ないと思いますが、注射されるならベテランNURSEに処置してほしいと思うのも当然でしょう。ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、NURSEによって上手い下手があるのは当然で、場合によっては下手なナースに処置されることもあるでしょう。
この辺りは運としか言いようがありませんね。昔の話ですが、以前の看護師といったら看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性のNURSEがほとんどでした。ですが、ここ最近の傾向として一般的に「看護師」という名称が使われているように男性がはたらくことも多くなってきました。
実際にNURSEに必要な適性を考慮しても、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。
女性のもつ優しさだけではなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、看護師にとって大事なポイントになっています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ