看護師になるための手段として大学

看護師になるための手段として、大学あるいは専門学校があり、ナースを目指す場合、どちらかに入ることとなります。
大学の特性を挙げると、最先端の医療について等、より専門的な内容を学ぶことが出来るという点とより幅広く知識を修得できるということでしょう。他方、専門学校に関しては、実習など現場に即した内容が多いため、そういった経験を活かして即戦力になれます。
加えて、学費の面についてもなんと大学の学費の十分の一程度です。看護専門職が違うシゴト先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。
面接担当者に嫌われると、看護スタッフが足りない状況にも関わらず残念ながら採用を見送られることもあるんですね。
当然のことながら、待遇が良い勤務先は志願者数も多く競争率があがりますので、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして自信を持って面接室へ入れるようにしましょう。身だしなみを整えきちんとした格好をして、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。
ナースとしてはたらく中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは極力、放射線を浴びないようにすることです。
放射線治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内ではたらく限り、危険はいろいろあるんですねので、油断は禁物です。それからまた、薬の取りあつかいについても病院で患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)に接する中、薬にふれる機会も数限りなくあるんですねから、気をつけないといけません。立ちシゴトや夜勤シフトなど、NURSEのシゴトはおもったより身体に厳しいシゴトで、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。
必ず適度な休憩を取るようにします。高校に入った時点で衛生看護科に入学すると、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、一番早く、NURSEの資格を得ることができるでしょう。しかし、途中で違う進路を考えだしても変更するのは大変です。
また、受験資格を得るまでには、最低5年でいいのですが、期間が短いので勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格が困難という側面もあるんですね。ナースの国家試験は、1年に1度行われます。ナース不足が問題となっている日本のためには喜ばしいことに、ここ数年におけるナース資格の合格率は約90パーセントと非常に高い水準を推移しています。ナース資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができればパスできる試験です。
看護職員の方がシゴト場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、賞与金を受け取ってから辞職するというのが多数派なので、年間でいうと1、6月頃に絞るのが得策です。
看護職員の価値は市場では依然高いのですが、より良い雇用環境に就くためにも、ジョブチェンジには3ヶ月くらい時間をかけて、ゆっくり冷静に判断していくのがベストです。
とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、あまたの求人オファーが出てくる時機まで待機すると無駄がないでしょう。ナースとしてはたらくことは、ドラマのようにうまくはいかないのが現実です。普通やること持たくさんあるんですねが決められた労働時間以外の業務もあったりして残業しなければならなくなることが多いです。けれども、たとえ忙しくて疲れていても、いつだってにこやかに患者(まずは、自分が病気であることを受け入れて、治療のための努力をすることが大切ですね)さんやそのご家族に対応しているのです。直前まで愚痴を言っていても突然笑顔になるのです。看護師のその様子はまるで女優のようです。どのようなシゴトにも不満や悩みはつきものですが、ナースに多いトラブルと言えば、職場での人間関係のストレスや夜勤で体調を崩すといった問題があるんですね。
ナースには女性も多いので、人間関係のもめごとが多い職場も多いのです。
勤務時間が不規則で、夜勤を避けられないのも健康上好ましくありません。
トラバーユし、人間関係も良く日勤ではたらける職場を捜すのもひとつの選択として、おぼえておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ